1. HOME
  2. 事業案内
  3. ヘルスケア
  4. メリンジョ
  5. 3.グネチンCの吸収・代謝

ヘルスケア

機能性天然食品素材

メリンジョ

3.グネチンCの吸収・代謝

①腸内細菌によりグネチンCへ


 グネチンCやグネモノシドAを含むメリンジョエキスを摂取すると、小腸で胆汁酸と結合して吸収されて肝臓に運ばれます。肝臓にて硫酸やグルクロン酸と結合し、抱合体として体内に運ばれていくと考えられます。この時、グネチンCの配糖体であるグネモノシドAは、そのままの形では吸収されません。各成分の血中濃度を調べても、グネモノシドAおよびその抱合体は検出されないのです※1、2。その背景には、腸内細菌による加水分解が起こっていると考えられます。つまり、配糖体であるグネモノシドAは腸内細菌によって糖が外されてアグリコンへ(つまりグネチンCに)変換されているということになります。

腸内細菌による加水分解イメージ図 3.グネチンCの吸収と代謝

小腸内におけるグネモノシドAの加水分解のイメージ図

 実際に当社の試験で、グネチンCだけを与えたマウス(GC群)、グネモノシドAだけを与えたマウス(GA群)において、それぞれの糞に含まれる成分をHPLCで分析したところ、GC群ではグネチンCとその代謝物のピークが見られます。そして、GA群でもグネチンCとその代謝物のピークはありましたが、グネモノシドAのピークは見られませんでした。口から摂取した成分がおしりからは出てこないということは、体内のどこかで変化した(今回の場合、糖が外れた)と考えられます。

②大豆イソフラボンと同じ吸収システム


 この腸内細菌の働きは、日本でも馴染みのある大豆イソフラボンで考えると分かりやすいです。内閣府の食品安全委員会に大豆イソフラボンに関する記載があります。大豆イソフラボンとは、ゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインという3種類の非配糖体(イソフラボンアグリコン)と、それぞれに3種類の配糖体(ゲニスチン、ダイジン、グリシチン)などがあり、味噌や納豆などの発酵食品には大豆イソフラボンアグリコンの形で含まれることが多く、大豆や豆腐などのほとんどの食品では配糖体の形で存在しているということです※3。

大豆製品 3.グネチンCの吸収と代謝

 そして、配糖体が多く含まれる豆腐などの大豆加工品を食べた時は、βグルコシダーゼやβグルクロニダーゼ作用を持つ腸内細菌のチカラによってアグリコンに変化してから、体内に吸収されているようです。メリンジョ由来のグネチンCやグネモノシドAは、大豆イソフラボンの吸収と同様のシステムで配糖体(グネモノシドAやグネモノシドD)がアグリコン(グネチンC)に変化してから吸収されていると考えられます。

③胆汁と一緒にメリンジョ由来成分を吸収


 2.メリンジョの安全性③グネチンCとは、メリンジョ由来ポリフェノールのページでもご紹介したように、グネチンCは水には溶けにくい性質を持っています。そのため、小腸で吸収される際は、肝臓から分泌される胆汁と一緒に、腸管で吸収されると考えられます。胆汁は胆のうで濃縮され、食事をしたことを体が察知して十二指腸に分泌されます。胆汁はコレステロールを原料として作られ、旧来から知られている脂肪性成分や脂溶性ビタミンの吸収促進やコレステロールの排出の他に、サイトカインと同様に伝達物質としての機能を有することが近年知られるようになりました。詳しくは5.胆汁酸とグネチンCのページをご覧ください。

胆汁と肝臓の図 3.グネチンCの吸収と代謝

④体内での滞留時間が長いグネチンC


 メリンジョ由来のグネチンCは摂取後16.6時間後に最も血中濃度が高くなり、96時間後でも血中から検出されます※4。水溶性の成分などは摂取数時間でほぼ排出されることが多く、血中に留まる時間には大きな違いがあります。これは、腸肝循環の影響が考えられます。腸肝循環とは、肝臓から排出された胆汁酸が小腸の最後(回腸下部や結腸)で再吸収されて肝臓に戻ることで、腸と肝臓の間を胆汁とともに様々な成分がぐるぐると循環することをいいます。さきほど例であげた大豆イソフラボンも、同じように腸管循環しているようです※3。

腸管循環のイメージ図 3.グネチンCの吸収と代謝

腸管循環のイメージ図

※1 J. Agri. Food Chem. 62, 1999-2007 (2014)
※2 Integr .Mol. Med. 2, (6) 405-413 (2015)
※3 大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A | 食品安全委員会 – 食の安全、を科学する (fsc.go.jp)
※4 
J. Agri. Food Chem. 62, 1999-2007 (2014)

2.メリンジョの安全性     4.抗菌効果とグネチンC

作成日:2021年8月8日