1. HOME
  2. 事業案内
  3. ヘルスケア
  4. ジャワしょうが
  5. 1.ジャワしょうがとは
  6. ④自然と共存した栽培

ヘルスケア

機能性天然食品素材

1.ジャワしょうがとは

④自然と共存した栽培

自然と共存した栽培(natural farming))

 当社はインドネシア・ジャワ島の各地で試験栽培も含めて数か所でジャワしょうがを契約栽培をしています。中には森の中に畝を作り、栽培している地域もあります。ジャワしょうがは、現地の通常の栽培では1年では根が伸びるばかりで大事な根茎は十分なサイズまで育たず、2年かけてやっと適当なサイズまで成長してくれます。

 また、インドネシアは赤道直下のため日本のように四季の移り変わりはないのですが、乾季(4月~9月)と雨期(10月~3月)があります。雨期にジャワしょうがの根茎から芽が出てどんどんと伸びて葉を出し、2m程度の高さまで成長します。乾季になると葉が枯れ始めて、どこにジャワしょうがが埋まっているのかもわからなくなります。

 ジャワしょうがのエキス製造は2013年から始めていますが、今でも栽培に適切な土地を探すために、東ジャワから西ジャワまで幅広く農家に相談しながら契約栽培をしています。上の写真はある村でのジャワしょうがの栽培風景ですが、このように林の中で栽培することもあります。契約栽培といっても画一的な栽培ではなく、その地域の地形なども活用し自然と共生しながら栽培しています。

前へ