1. HOME
  2. 事業案内
  3. ヘルスケア
  4. メリンジョ
  5. 6.腸内細菌とグネチンC
  6. ⑥脳腸相関

ヘルスケア

機能性天然食品素材

6.腸内細菌とグネチンC

⑥脳腸相関

脳腸相関イメージ図 6.腸内細菌とグネチンC

脳と腸はお互いに情報交換を行い、お互いに影響を及ぼしあっています。この関係を脳腸相関といいます。公益財団法人腸内細菌学会のサイトには、「消化管の情報は神経系を介して大脳に伝わり、腹痛・腹部不快感とともに、抑うつや不安などの情動変化も引き起こす」と紹介されています※1。一つの例を挙げると、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」があります。必須アミノ酸の「トリプトファン」が腸内細菌の働きによってセロトニンとなり、その情報が脳に伝わると言われています※2。主に女性においては、セロトニン低下の原因に女性ホルモン分泌の減少が関係しているとされており、更年期障害と関わりがある可能性もありそうです※3。

まだこの分野に関して、メリンジョおよびグネチンCの研究は進められていませんが、アッカーマンシア・ムシニフィラを増加させたり2次胆汁酸産生菌を減少させたように、メリンジョには腸内細菌叢を変化させることがわかっているため非常に有望な分野だと考えています。

※1 公益財団法人 腸内細菌学会
※2 消化管(おなか)は泣いています ダイヤモンド・ビジネス企画
※3 厚生労働省のe-ヘルスネット

<< 前へ

作成日:2021年8月8日