1. HOME
  2. 事業案内
  3. ヘルスケア
  4. メリンジョ
  5. 6.腸内細菌とグネチンC
  6. ④メリンジョと胆汁酸および腸内細菌

ヘルスケア

機能性天然食品素材

6.腸内細菌とグネチンC

④メリンジョと胆汁酸および腸内細菌

胆汁酸の構造式 5.胆汁酸とグネチンC

肝臓でコレステロールから合成されるのが一次胆汁酸であり、さらに腸内細菌によって代謝を受けたもの(すなわち、腸内細菌に取り込まれ、形を変えて腸内細菌から排出されるもの)が二次胆汁酸になります。「5.胆汁酸とグネチンC」でも触れたように代表的な二次胆汁酸であるデオキシコール酸(DCA)およびリトコール酸(LCA)は、腸内細菌が一次胆汁酸であるコール酸(CA)およびケノデオキシコール酸(CDCA)を変換させたものです。

腸内細菌は食物繊維などの食べ物だけでなく、ヒトが産生する成分をも変換し、ヒトの健康に影響を与えています。そしてメリンジョは、悪玉物質と言われる二次胆汁酸を減らすことが分かっています。これは、メリンジョが腸内細菌環境を改善させ、二次胆汁酸産生菌を減少させるためだと考えられます。

メリンジョエキス摂取による二次胆汁酸の減少効果 5.胆汁酸とグネチンC

「5.胆汁酸とグネチンC」でも触れているメリンジョエキスによる二次胆汁酸産生量の減少効果とは、普通食群に比べて高脂肪食群のマウスの糞ではDCAとLCAはそれぞれ1.54μM⇒25.45μM、0.23μM⇒5.06μMと大幅に増加しましたが、試験食群(高脂肪食+メリンジョエキス0.5%群)ではそれぞれ1.16μM、0μMと普通食群よりむしろ少なくなりました※。

※ 特許 国際公開番号WO/ 2020/071541 A1

<< 前へ     次へ >>

作成日:2021年8月8日