1. HOME
  2. ニュース/学術
  3. 植物由来成分の食品とがんの化学的予防~クリニカルエビデンスレビュー~

NEWS/EVIDENCE

ニュース/学術

メリンジョ

植物由来成分の食品とがんの化学的予防~クリニカルエビデンスレビュー~

メリンジョ(Melinjo)

メリンジョ由来成分の生理活性に関する論文について紹介します。

■タイトル
Dietary phytochemicals and cancer chemoprevention: a review of the clinical evidence

■学術ジャーナル
Oncotarget 7, (32) 52517-52529 (2016)

■論文公開日
2016.5.25

■概要
がんの化学的予防には腫瘍の成長を抑制または逆転させるために、様々な天然または生物学的薬剤を使用することがあります。疫学的およびプレクリニカル試験のデータから、様々な天然の植物由来成分であるファイトケミカルおよび食品由来成分が化学予防特性を有することが示唆されており、試験管試験および動物試験ではこれらの化合物が形質転換細胞の細胞増殖およびアポトーシスに関わるシグナル伝達経路を調節し、宿主免疫システムを高め、細胞毒性薬剤に対するがん細胞の感受性を高めることが裏付けられています。実験的研究からは有望な結果が得られているにもかかわらず、これらの化合物のうち限られたものだけが臨床試験でテストされ、さまざまな結果が示されています。本レビューではクルクミン、レスベラトロール、リコピン、葉酸、茶ポリフェノールなどの厳選されたファイトケミカルに関するデータについて、高リスク集団におけるこれらの化合物の有効性を裏付ける臨床的エビデンスに重点を置いて要約しています。

最新記事